読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『バイオハザード ザ・ファイナル』36点

bd-dvd.sonypictures.jp

【物語】★★☆☆☆

【演技】★★☆☆☆

【映像】★★☆☆☆

総合評価:36点

 

まあ、所詮は「バイオハザード」なので大して期待せずに、

ハードルを下げて鑑賞したのだが、そのハードルをさらに下回っていた。

「観なくてもいい映画」の誕生である。

 

あらすじは、あるようで無きに等しいのがこのシリーズのお約束。

アリスとアンブレラ社+ゾンビがバトる。

それ以外は全て、つじつま合わせである。

「最後を見届けよ」という本作のキャッチコピーであるが、

その最後も、全然、本当に対したことがない。

最後かどうかも怪しい。

 

いいのよ、このシリーズに物語は(笑)

そんなものは1作目からなかったんだから。

このシリーズの生命線は、ホラーテイストのアクションとCG。それが全て。

前作までもそうだったし、それが許されるシリーズだった。

だがしかし。

本作ではそのアクションとCGも、なんだか期待はずれ。

目新しい見所はないし、過去の焼き直し的な映像のオンパレード。

そして決定的な問題が「暗いシーン」の多さ。

何か戦闘をしているようなのだが、暗くてわからない。

『AVP2』と同じくらい、暗くて、よくわからないシーンが多い。

これは絶対にライティングミス。

もしくは、低予算だからあえて照明を落として、

セットのチープさをごまかしているか。

 

おそらく、スポンサーがそれほどつかなかったのだろう。

だから「バイオハザードシリーズの金看板はついているが、しょぼい。

それでもなんとか稼がなければいけない。

特に、本家とも言える日本で稼がねば。

どうする?

ということでローラがキャステイングされたのではないかと

ブログ主は妄想する(笑)

 

いずれにせよ、見るべきところのない映画であった。

その前日に見た『キングオブエジプト』もひどかったが、

こっちはまだ、おっぱいがたくさん見れた(着衣)

 

バイオハザード ザ・ファイナル』は、本当に何もない。

「なんとなく見れる」レベルになっているのは、ある意味大したもんだが、

見逃しても全く損はない。