読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『アメリカンスナイパー』85点

 

【物語】★★★★☆

【演技】★★★★☆

【映像】★★★★☆

《合計評価》85点

 

クリント・イーストウッドは、現時点で世界最高峰の監督である。

少なくとも、私にとってはそうだ。

近年のイーストウッド監督の作品は、どれをみてもハズレがない。

毎回感動し、感嘆する。

 

『アメリカンスナイパー』もそうだ。

本来、このテーマは、「社会派」映画になりがちだ。

そして「社会派」映画は、時として説教くさい、あるいは冗長な映画になりがちだが、そこはイーストウッド監督、見事なエンターテインメント映画として成立させている。

 

ストーリーがハラハラさせられることはもちろん、

画像(え)作りが非常にかっこいい。

戦闘シーンだけでなく、戦士の休息の場面も見ていていて飽きない。

 

あと、演技。

ブラッドリー・クーパーだけでなく、本当に兵士のようだ。

民間人の演技もいい。特に奥さん。

 

ラストシーンで夫を送り出す時の、あの奥さんの不安そうな様子と、気持ち悪い(良い意味で)カット割りは、その後の展開を、語るともなく語っていてすばらしい。

 

メッセージとしては、必ずしもアメリカ軍礼賛ではない。

現地兵の蛮行が描かれているが、アメリカ軍も割と平気で子供を狙撃する。

イーストウッドは、「そこにある現実」を描くことに徹し、

どちらかに肩入れすることはない。

 

娯楽作としても、いろいろ考えさせられる社会派ドラマとしても、一級品だ。