読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『超高速!参覲交代』82点

 

【物語】★★★★☆

【演技】★★★★☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価》82点

 

面白そうだとは思っていたが、見るまではちょっぴり不安だった。

見てびっくり、予想以上に楽しめた。

こりゃいい。

邦画は、時代劇は、こう撮るべし。

そんなお手本のような映画。

 

タイトルは不真面目(いい意味で)。

でも映画そのものは、かなり真面目に作っている。

そこが勝因だろう。

物語としても、「超高速参覲交代」という大元のコンセプトはウケを狙いにいってるが、脚本や演出に、ギャグでお茶を濁そうという雰囲気はサラサラない。

キャラで笑わそうとか、楽屋ネタのようなゆるい笑いを取ろうとか、

そういう気配が微塵もない。

いたってまじめに、「超高速参覲交代」という時代劇を作り込んでいる。

 

最近の時代劇というと、『47人の刺客』が思い出される。

三池監督の意欲作で、あれはあれで楽しめた。

ただ、「ハリウッドにも負けないぜ!」的な気負いが見え隠れし、

背伸びしている感が感じ取られた。

(いや、しょうがないよ。それを責めるわけではない)

 

でも時代劇って、ハリウッド映画に対抗しなくてもいいよね。

もっと面白く作ること、できるよね。

そのことに気づかせてくれる良作。

 

続編も作られているらしい。

ちょっと楽しみ。