読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『ディアトロフインシデント』61点

movies.yahoo.co.jp

【物語】★★☆☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価》61点

 

まあ、2時間それなりに楽しめる。

ただし、観終わってから「ああ、観てよかった!」と言える人は

ほとんどいないだろう。

ごまかしごまかし飛んで、軟着陸して、まあ、セーフ。

そんな感じ。

 

物語は、ディアトロフ峠事件という実際に起こった奇妙な事件をもとに、

ストーリーが進む。

ディアトロフ峠事件というのは、知らなかったが、ロシアの雪山で山岳隊が全員、

全裸であったり、抵抗の跡がなかったり、奇妙な死に方で死亡するという事件。

ブログ主は基本的に、メアリー・セレスト号事件とか、

この手のミステリアスな話は好きなので、この映画をレンタルで借りた。

 

この手の「実際に起こった未解決事件」を映画化するのは、勇気がいる。

「答え」はなく「解釈」するしかないのだから、異論が必ず出るからだ。

でも、人々の興味関心を惹くから、商品化はしやすい。

 

さて本作。

現代のアメリカ大学生のチームが、ディアトロフ事件のドキュメンタリーを作成するということで、物語が進む。

最初の1時間は、特に大きな事件もなく、ロシアの山に到着する。

このあたりは『世界の車窓から』みたいな感じ。

(あまり退屈はしない)

 

1時間あたりから、話が急展開する。

彼らが山に入り、彼ら自身に異常現象が起こり始める。

それを、仲間の誰かのいたずらだと思ったり、

なんとか不安をごまかしながら、彼らは雪山の目的地に進む。

 

このあたりは、なかなかスリリングに見れる。

(ただし薄々、「これ、納得できるオチはあるのかな」という心配もしはじめる)

 

後半に入ると、急展開になる。

それまで、比較的低予算映画、というかインデイーズ映画のノリだったのが、

急にハリウッドSF映画みたいに、いろいろ起こる。

このあたりは、レニー・ハーリン監督お手の物。

 

で、ある程度の、、、、、

ほんとに、ある程度の「解釈」が示されるが、

力技感が半端ない。

そして、強引な割には、それでもまだ筋が通っていないような気がするが、

そこはもう、CGとモンスターでゴリ押しするw

そして、なんとかオチがつく。

 

ん〜。

見て損した、とか、腹が立った、というのはないかな。

勢いに押し切られてよくわかんなかったけど、、、ま、いいか。

そんな映画。