読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『モンスターズ 新種襲来』30点

monsters2-movie.com

 

【物語】★☆☆☆☆

【演技】★★☆☆☆

【映像】★★☆☆☆

《総合評価》30点

 

久々の「大はずれ」映画。

すがすがしく、無駄金を使った。

 

この映画は『モンスターズ 地球外生命体』の続編。

前作は、低予算映画ながら高い評価を受け、

監督ギャレス・エドワーズはその後、ハリウッド版『ゴジラ』の監督に抜擢された。

ただ、ブログ主は、そんなにこの映画が面白いとは思わなかった。

変わったロードムービーだなあ、という感じ。

日常にエイリアンがいる世界でのロードムービー

ある種の新鮮さはあるが、基本的には退屈な映画だった。

 

で、本作。

『新種襲来』と銘打ち、さも『エイリアン2』のように前作からのパワーアップを匂わせているが、パワーアップ(?)したのは、アクションではなく、ロードムービー感であった。

 

まずその『新種』だが、たいして出てこない。

そもそもモンスター自体、この映画ではあまり登場しない。

登場しても、それほど意味のある存在ではない。

予告編に奇しくも「モンスターをよそに人間同士で争い・・・」というキャプションが入るが、それ。

 

本作は、ちょろちょろっとモンスターが出てくるが、そこはどうでもよくて、

中東に派兵された米軍兵士と現地戦闘員および住民の話。

でもって、そのストーリーが、ステレオタイプこの上ない。

反戦団体が作った啓蒙ビデオを見せられているようだ。

 

『アメリカンスナイパー』のようなメッセージ性もない。

『グリーンゾーン』のようなアクション映画性もない。

ジャーヘッド』のようなコミカル(イロニー?)もない。

 

いや、つらいね。

とてもシラフでは観れないしろもの。

 

なお、予告編はSF大作を思わせるが、CGを使ったのは、ほぼ、そこがすべて。

それ以外の110分くらいは、すべて低予算のしょぼい映像である。

 

回避されることをおすすめする。