読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『ちはやふる 下の句』72点

chihayafuru-movie.com

 

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価72点》

 

基本的には『上の句』と同じ出来。

安定して2時間楽しめる。

2部作を通して見ても良い出来なので、『上の句』より2点加点した。

 

原作が継続中なのに映画化するのは、いろいろ難しい。

それにも関わらず、きちんと映画としても、一定の完結をさせている本作は、

原作が良いだけでなく、脚本・脚色のレベルもそこそこ高い。

小さくない点、たとえば新がかるたをやめた理由などが原作と映画とでは違う。

だが、それをもって「原作を侮辱された」という声はあまり聞かれない。

このあたりの「映画化」のうまさが、続編決定にもつながっているのだろう。

 

広瀬すずの配役、演技については、『上の句』で感想を述べた通り。

個人的には原作の「千早」とはイメージが異なるのだが、

それについては、もう、織り込み済みなので語るまい。

『下の句』も、相変わらずだったので、演技の幅の「狭さ」が目に付いた、ぐらいにしておこう。

原作を読んでいなければ、まあ、これはこれでアリだと思う。

クイーンの松岡菜優は、ブログ主はクイーンが出てくるところまで原作を読んでいないので、素直な目で見れるのだが、それでもちょっと、なんか・・・・

・・・・・おばさんくさい?

セーラー服やジャージがいまいち似合わなかったんだが、

原作でもそういう設定だろうか。

関西弁は、良かった。

松岡嬢が関西出身か否かは知らないが、言葉遣いは自然に聞こえた。

関西出身のブログ主が認める。

 

映画の最後は、千早とクイーン、太一と新が対決するところで、終わる。

まあ、この終わり方は、別に構わない。

でも、最後に千早のスローのアップで終えるのは、やめてほしかった。

そんなにみんな、広瀬すずが見たいのか?

ちはやふる』を見たいのであって、広瀬すずを見たいわけではないブログ主にとっては、こういう演出は、後味が悪い。

 

これがなければ、あと3点は上げていたかもしれない。