読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『コードネームU.N.C.L.E』69点

wwws.warnerbros.co.jp

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》69点

 

卒なく作ってあり2時間楽しめる。

なのに、採点はちょっと辛め。

ちょっと不思議な作品。

 

物語は、比較的ありがちなスパイ映画。

米国とソ連のトップスパイ同士が手を組み、悪の組織に立ち向かう、という筋書き。

正直、それ自体はたいして新鮮味がない。

普段は対立するグループのエース同士が凸凹コンビを組むのは、いたって王道の物語。

 

米国の代表は、プレイボーイ。

ソ連の代表は、やや堅物。

このパターンも、う〜ん、ありきたり。

演技、役作りは、悪くないが、強烈な魅力も感じられない。

 

物語も、演技も、「悪くない」けれど「加点がない」。

 

映像は結構好き。

冷戦中の設定を上手く撮影している。

ガイ・リッチー監督らしさ、つまりスタイリッシュな演出も挟まれる。

おしゃれな画作りで、卒がない。

 

そう、この作品は「卒がない」という言葉がピッタリあう。

テクニックはすごいのに、魂がない、と言えばいいのだろうか。

監督やスタッフが「どうしても撮りたかった」映画とは思えないし、

続編を匂わす終わり方をしているが、

残念ながら続きはないと思われる。

 

悪い作品ではないが、見逃しても全く差しさわりがない。