読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『スパイ・レジェンド』74点

spylegend.jp

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》74点

 

ボンド俳優、ピアーズ・ブロスナンのスパイ映画。

現役スパイではなく、一度は一線を引いた敏腕スパイが

陰謀に巻き込まれるという筋書き。

まあ、タイトルのまんまの筋書きだ。

安直なタイトルなのであまり期待していなかったが、

思いの外、しっかり作ってある作品だった。

 

CIA、ロシアの殺し屋、両方から狙われることになる主人公。

特にCIAからは、元部下の腕利きの若者から狙われる。

ここに、師弟関係と、プロ同士のプライドが絡み合い、盛り上げる。

また、すべての鍵を握る謎の女=オルガ・キュレンコ。

『007 慰めの報酬』といい本作といい、

スパイ映画でミステリアスな役をやらせると、非常に映える。

 

アクションも本家007に負けない迫力がある。

ピアーズ・ブロスナンも、弟子役のルーク・ブレイシーも、

どちらもカッコ良い。

 

タイトルがいまいちパッとしないので、いかにもB級映画っぽいのだが、

結構力の入った逸品であった。