読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『アントマン』69点

marvel.disney.co.jp

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価》69点

 

まあ、それなりに楽しめる。

大きな失点はないが、大きな加点もない。

もう少し期待していたが、そこには及ばなかった。

 

映像的には、特に斬新なものはない。

何十年も前の『ミクロキッズ』とほぼ同じ。

サイズを任意で変更できる点など、もう少し面白いのかな、と思っていたが、

わりと普通だった。

 

物語も、まあだいたい想定内。

とりたてて書くこともないのだが、

気に入らなかったところと、気に入ったところが、一つずつある。

 

まず気に入らなかったところ。

アベンジャーズの一人が登場するのだが、あれはどうなんだろ。

アベンジャーズフアンにしてみれば、

「夢の対戦だ」「コラボだ」と思うのかもしれない。

でもアベンジャーズを知らない人にしてみれば、「何あれ?」。

映画単体の完成度としては、下がった気がする。

 

気に入ったところ。

アントマン」は「蟻くらい小さい男」だと思っていたが、

「蟻を仲間にして戦う男」だという物語だった。

これは映画を見るまで知らなかったのだが、

意外にここの要素がおもしろかった。

少し、ほろりとさせてくれる。

 

総括すると、まあ、CMがおもしろそうだったけど、

だいたい面白いところは、そこで全部だった、という感じか。

 

「意外に面白かった!」と書きたくて見てみたのだが、

意外性はあまりなく、まあ、思った通りか、それを微妙に少しだけ、

ほんの少しだけ下回るくらいの作品だった。

無難に楽しめるよ。