読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『ピクセル』67点

bd-dvd.sonypictures.jp

 

【物語】★★☆☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価》67点

 

もともとクリス・コロンバス監督の映画は、あまり好みではない。

ホームアローン」や「パーシージャクソン」など、

やや「おこちゃま向け映画」と言わざるを得ないからだ。

それがダメだ、というのではなく、私が好きだないということ。

だから、この監督の作品はお金を出して見たことがない。

いつも、地上波待ちだ(そして、地上波で放映しやすい監督&作品なのだ)

ただ、今回はテーマに惹かれたのでツタヤで借りた。

テーマはゲームである。

 

この映画は、いま40代の人間を狙い撃ちにした映画である。

学生の頃にインベーダーゲームが生まれ、

ゲームセンターやファミリーコンピューターとともに少年期を過ごした、

まさに私の年代にどハマりのテーマ。

 

ギャラガギャプラスギャラクシアンの違いが即座に言える人は、

間違いなくこの映画を見るのではないだろうか。

 

で、そんな「狙い撃ち」された世代がこの映画を観た感想だが、

「まあまあ、楽しめた」。

映画としては、いわゆる「おばか映画」に属するコメディで、

真剣にストーリーを追うようなものではない。

アダム・サンドラーの演技も、なかなか笑わせてくれるし、

クリス・コロンバスもさすがこの手のベテランで、

ツボをおさえながら、テンポよく映画を作っている。

 

ただ、基本的には馬鹿さ加減を楽しむ映画なので、

あまり高得点をだせる代物ではない。

ましてや、「世代」から外れた人がみたら、なおさら得点は低いだろう。

「何が面白いの?」となるかもしれない。

 

個人的には、いまから30年以上も昔、

西友の屋上にあったゲームセンターに、

50円玉を何枚か握りしめて通っていたことを思い出し、

郷愁に浸れた。

 

それだけで70点以上の価値は個人的にあるのだが、

一般的な評価はもう少ししただろうと思い、3点、減じておく。