読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『インサイドヘッド』81点

インサイド・ヘッド (字幕版)

インサイド・ヘッド (字幕版)

  • Pete Docter
  • キッズ/ファミリー
  • ¥2000

【物語】★★★★☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★★☆

《合計評価》81点

 

ピクサー映画の中でいちばん好きな映画は『モンスターズインク』だ。

それと同じ監督がメガホンをとった最新作。

(CG映画だからメガホンはないか・・・・・・)

素直に面白かった。

 

少女の脳内(インサイドヘッド)が映画の舞台。

ヨロコビやカナシミが擬人化され、

主人公の少女をなんとか幸福になるように導こうとする。

 

人がどのように経験を記憶として蓄積し、人格を形成するのか、

そのエコシステムがヴィジュアル化されていて、興味深い。

 

物語では、引越しに伴う少女のストレスや、家庭のトラブルがもとで、

脳内の調和が乱れ、明るかった少女の「性格」が脅かされる。

 

人はヨロコビだけでは生きられない。

カナシミも時として必要だ。

そんな普遍的なことを、説教くさくなく、教えてくれる。

これは、古今東西、老若男女問わず、共感できるテーマだろう。

こういう普遍的なテーマを、誰が聞いてもわかりやすいくて楽しい話に

落とし込むところは、さすがディズニーと言ったところ。

 

個人的にはビンボンのくだりが泣けた。

少女が幼少期につくりあげた架空の存在なのだが、

そうした「頭の中の、自分だけの友達」に、

誰しも覚えがあるのではないだろうか?

私にはあった。

ずいぶん、相談にのってもらったし、遊んでもらった。

すっかり忘れてしまっているが、今の私がいるのは、

思えば、そうした「存在しない」友人のおかげである。

 

実はこの映画、当初は見る予定がなかったのだが、

お正月に、子供たちに見せるためにツタヤで借りたもの。

子供達も楽しんで見ていたが、

実は大人の私の方が、楽しませてもらっていた。