読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『サプライズ』73点

 

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価》73点

 

73点である。

ただし75点満点の73点だ。

高評価と言って差し支えない。

 

基本的には『13日の金曜日』のような、スプラッター映画である。

ウェス・クレイブンの『スクリーム』に近いか)

森の中の山荘で、集まった10人が、正体不明の犯人に次々と殺される。

誰が、なんの目的で、そんなことをするのか。

皆目見当がつかないまま、一人、また一人、殺されていく。

 

ホラー映画によくあるパターンだ。

見るからに低予算映画で、無名の役者ばかり。

でも、ストーリー展開がなかなか秀逸。

(「ストーリー」が秀逸なのではなく、「ストーリー展開」が秀逸)

単純な殺人鬼ものかと思いきや、テンポよく、ひねりの効いた展開になる。

 

演出もなかなか上手。

キビキビと画像(絵)が動き、飽きさせない。

また、スプラッター度合いも適度で、残酷だけど、エグすぎない頃合い。

単なるグロ趣味全開の映画ではない。

 

この手の映画は残念ながら100点とか90点とかはとれない。

満点でも80点〜70点がいいところ。

だから今回は75点満点とした。

そのなかで73点、というのは、

俺的には「B級映画かくあるべし」という映画だと判断してのことだ。