読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』90点

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

 

 

マッドマックス 怒りのデスロード』


【物語】★★★☆☆
【演技】★★★★☆
【映像】★★★★★
《合計評価》90点

本日のアカデミー賞発表で最多の6冠に輝いた。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6192941

だから「さすが」とか「納得」と言うつもりはない。
アカデミー賞をとろうがとるまいが、私にとって近年の最高傑作の一つなのだから。


マッドマックス2』は、私の映画の原体験でもある。
まだ小学生だった頃、父親に「車がブンブン走る映画」と誘われ一緒に観に行った。
実は私、てっきり『キャノンボール』という映画を見に行くものだと勘違いしていた。バート・レイノルズジャッキー・チェンが楽しくレースを繰り広げる映画だ。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61iLwMSS%2BqL.jpg

てっきりそう思っていたら、いきなり荒野でヒューマンガスですわ。

http://img04.ti-da.net/usr/nikeman2/MadMax2-2.jpg

車に人をくくりつけてぶつかるわ、頭にブーメラン刺さるわ、ボーガンで人殺すわ、

超絶ビビリながらスクリーンに釘付けにされた。

それ以降「これは『マッドマックス2』を超える!」と思えるアクション映画には、
ほとんど出会っていない。
それくらい、私にとっては特別なのだ。


さて本作。
いろいろなレビューに書かれているとおりが、その通りだと思う。

 

まず、さしてストーリーはない。

極楽とんぼの加藤曰く「行った道を帰ってくる。それだけ」

これ本当。

そしてこの映画のすごいところは、たったそれだけの話にもかかわらず、

2時間を超絶楽しませてくれることだ。

崇高なミッションや、奥深い人間関係や、社会的メッセージは、ない。

いや、いらないのか。

ジョージ・ミラー監督に言わせれば、

映画のキモとなるそれら要素さえ、不純物なのかもしれない。

エンターテインメント100%原液があるとしたら、この映画なのだろう。

 

そして演技。

主役はのトム・ハーディは、実に微妙なさじ加減の演技をしている。

存在感があるようで、ないような(笑)

いや、主演のマックスなのであるから、めちゃめちゃ目立っているはずなのだ。

はずなのだが、荒野の一匹狼というには、やや凡庸な顔なのだ。

少なくとも、若かりしメルギブソンの、触れば血が出るようなギラギラ感はない。

しかも、シャリーズ・セロンの圧倒的存在感に、正直、食われている。

普通、こうなったら映画としは失敗するものなのだが・・・そうではないのだ。

結構いいバランスに仕上がっている。

監督の演出がそうさせるのか、トムの絶妙なルックスと立ち回りがそうさせるのか、

不思議である。

 

最後に映像。

これも言われ尽くされているが、CG全盛期の現代において、スタントメインの映像は、アナログの底力を再確認させてくれる。

最近のCGバリバリ映画、正直私は食傷気味だ。

だって、「なんでもできる」とわかっているのだから。

プレステのゲームのオープニングと、そんなに大差がない。

 

それに比べ『マッドマックス』の映像は、衝撃である。

「これだよ、これこそ映画だよ」

そう思わずにはいられない。

実際の人間がアクションし、それをフイルムに収める。

これが今、いかに贅沢か。

 

 

過去の作品のリメイクは、いまいちに終わることが多い。

遊星からの物体X』や『トータルリコール』は、

そこそこ楽しめたが、あくまで「そこそこ」だった。

 

マッドマックス 怒りのデスロード』は違った。

前作を超える、とは言わないが、

期待を上回る、大納得の出来栄えで戻ってきてくれた。