読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『ジュピター』45点

wwws.warnerbros.co.jp

 

【物語】★☆☆☆☆

【演技】★★☆☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価》45点

 

もし「今まで映画を観たことがない」という人が観たら、かなり面白い映画だと思う。

しかし、そこそこ映画が好きな人からすると、ちょっと許せないレベルの映画。

なぜなら、どっかで観たような筋書きや演出の寄せ集め映画だから。

 

TSUTAYA限定の日本未公開ビデオだったら、拾い物という評価もできる。

でも鬼才ウオシャウスキー監督の映画という期待をして劇場に行った身としては、

「え? え? これ真剣に撮った? というか、撮りたかったのこれ?」

と言いたくなる。

30年以上前に『スターウオーズ』が生まれて、20年くらい前にリュック・ベッソンが『フィフスエレメント』を撮ってるけど、コンピューターグラフィックス以外進化が観られない、というか、退化してるよね。

 

ヒーロー、ヒロインも、なんだかいまいち。

テリーギリアムが出てるけど、あそこのくだり、そもそもいらないよねw

 

なんでこんなことになったのか。

たぶん、確信犯だ。

 

かつてイビチャ・オシムは、母国の代表チームを率いていた際に国民から「なぜあの選手を使わないのだ」と抗議を受け、一度、国民の声に忠実にチーム編成をし、戦ったという。

結果は惨敗だったそうだ。

それからは、国民はオシムのチーム編成に、何も言わなくなったらしい。

 

この映画も、ウオシャウスキーが我々映画フアンに投げかけたメッセージだ。

本当は彼(彼女)は、『クラウドアトラス』みたいなのが撮りたい。

でも、それをやると「難解だ」「楽しい映画にしろ」と言われる。

そこで「じゃあお前ら、これでいいんだな」と、なかばヤケクソ気味に撮ったのが、

この超大作『ジュピター』に違いないww

スポンサーも観客も、二度とウオシャウスキーに「エンタメ映画を撮れ」と言えないだろう。

 

まあ、これは私の脳内妄想に過ぎないが、そうあってほしい、とは思う。

『マトリクス』でSF映画の新しい次元を切り開いた才能が、本気で取り組んで、

こんなものしか撮れなかったのだとしたら、その方が何倍も悲しいのである。