読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『クーデター』88点

 

【物語】★★★★☆

【演技】★★★★☆

【映像】★★★★☆

《合計評価》88点

 

あまり知られていない映画だがおすすめ。

特に、70〜80年代の米国パニックムービー、デイザスタームービー好きには。

映画の面白さの原点に立ち返ったような作品。

 

ストーリーはわかりやすい。

東南アジアの某国に家族とともに転勤でやってきた白人が主人公。

着任早々、その国で政府が転覆し、外国人排斥の暴動が起こる。

搾取されてきた現地住民は、外国人狩りを始める・・・

 

非常にシンプルで、なおかつ力強い怖さを内包したストーリーだ。

実際、中国で日本の百貨店が焼き討ちされた事件が起こったが、

こうしたリスクは、決して絵空事ではない。

悪の軍団や怪物が敵なのではない。

ある国の住民全部が、脅威となるのだ。

ブラックホークダウン』や『ホテルルワンダ』の怖さに通じるものがある。

逃げ場がなく、しかも、ゾンビのごとく、殺意をもった敵が四方八方から襲いかかる。

さらに家族同伴であれば、絶望的な逃避行劇は避けられない。

 

ギリギリの脱出劇が全編にわたって繰り広げられ、ハラハラしっぱなしである。

ピアーズ・ブロスナンが、いい感じの役柄で絡んでくるのだが、彼の演技も素晴らしい。ボンド以外に、こういう役も演じられるんだなあ。

 

終わり方も、すばらしい。

大爆発で一件落着、ではなく、地味に、切実に、ゴールを迎える。

アクション映画ではなく、社会派映画を貫こうと頑張ってる姿勢がよい。

 

テーマといい、役者といい、大ヒットするような映画ではないが、

非常に楽しめる秀作だった。