読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『007 スペクター』79点

www.007.com

 

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★★☆

《合計評価》79点

 

 

ダニエル・グレイグ、最後のボンドである。

シリーズ最大の敵とも言える、スペクターの登場である。

ここまでお膳立てが整えば、少なくとも80点は超えるだろう、という期待があった。

さすがというか、ほぼその期待に応えてくれた。

でも、しょせん「ほぼ」であり、惜しい、という気持ちが強い。

 

 

全編、なにげに楽しめる。

冒頭のヘリアクションもハラハラする。

スペクターの不気味さも、クリストフ・ヴァルツがうまく醸し出してる。

 

惜しい、と思うのは、ラストだ。

スペクターが、思いの外、つまらないやられ方をする。

もっとこう、息詰まる頭脳戦とか、何かを期待したんだけど、

あれれ? って感じで、割としょぼい仕留められ方をする。

ここでピリッと締めてくれれば、85点は出せたと思うのに。

 

自分の中でハードルをあげてしまったが故の辛口採点かもしれないが、

ヘリに鉄砲撃ってやっつける、みたいなのは、頭をあまり使っていないと言わざるをえない。

 

ダニエル・ボンドは、一番最初の『カジノロワイヤル』が一番面白かったような気がする。