読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『進撃の巨人』26点

www.shingeki-seyo.com

 

【物語】★☆☆☆☆

【演技】★★☆☆☆

【映像】★☆☆☆☆

《合計評価》26点

 

原作フアンの感想です。

いや、原作と違ってもいいんですよ。

主人公をアジア人が演じる時点で、そりゃ無理ですから。

だったら、世界観だけ借りて「同じ世界の、東洋でのオリジナル物語」にしても良かったのに。

興行的にはアレでしょうけど、作品の完成度としては高くなったのではないかと。

中途半端に原作の破片が刺さっている別物、というのは、しんどいです。

 

いろいろ言いたいことはあるけれど、一言で言うと、残念。

誰が悪い、とは言いませんが(あとで言う)、最初のコンセプトを間違ったんだろうね。だから、あとで脚本家とか役者が頑張っても、どうしようもない。

 

車が出てくる。ヘリが出てくる。

んなこたあいいんですよ。気にしません。

そんな小さいことではなくて、全体が、だめですわ。

その理由はいくつかあって。

 

その1 巨人がだめ

なんなんだろうね。樋口監督は怪獣映画を撮るつもりだったからしょうがないのかな。

妖怪大戦争』みたいな古臭い映像と演出。

巨人は、日本古来の妖怪みたい。

超大型だけは別だけど、あとは、なんか辛気臭くて、古い。

役者を東洋的にするのは我慢できたが、巨人が東洋的になると、あれほど「見れたものではなくなる」のかと落胆した。

 

その2 一部役者がダメ

エレン、ミカサ、アルミンは割と違和感なかった。(あくまで、「割と」)

ジャンも、ギリギリセーフ。アウトとしても、ギリギリ。

ハンジ、お前だよ。

本人はノリノリで「はまり役」と思ってるかもしれないが、似てるのは見た目だけで、演技は、過剰で不自然。演出者の責任かもしれないが鼻に付く。

そしてサシャ。

これは役者の問題よりも脚本の問題。ハンジにしてもサシャにしても、原作ではわりとおいしい役どころなのに、ただの寒いキャラになってしまった・・・

あと、草薙(笑)

たぶん、ライナーなんだろうなこいつ。でも、あまりにあんまりだから名前を変えたんだろうね。正解だよ。というかこの役いらないよ。

 

その3 お色気

いろんなところで書かれているけれど微妙な濡れ場がある。

なにあれ(笑)

やらしくもなく、かといって子供がスルーもできないくらいの、中途半端な濡れ場。

使えないのに無視もできない、微妙なさじ加減。

いややわ〜。

ハリウッドならカットしてるよ。

 

『spacebattleshipヤマト』を観た俺としては、今回こそは、と心に期すものがあったんだよね。

でも、ちょっとつらいかな。

 

あえていいところを挙げておこう。

エンドロールは、なかなかセンスがあると思う。

 

以上