読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『ザ・ガンマン』69点

thegunman-movie.com

 

【物語】★★☆☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価》69点

 

先に言っておこう。

悪くはない。

 

でもこれ、「見ても損はないけど、見逃してもまったく損はない」感がありあり。

付き合い始めたカップルが見る無難な映画としてもってこいだね。

 

これ、監督のピエール・モレルを信じて観た映画なんだよね。

『96時間』のリーアム・ニーソンはかっこいいし、『パリより愛をこめて』のジョン・ハゲ・トラボルタも、いい味出してた。超大作じゃないけど、小気味よいアクションをそつなく作らせたら、ピエールはいい仕事するんですよ。

 

今回もそんな感じだけど、なんだろう、この物足りなさは。

小気味よさもそつなさもあるけど、何かが足りない。

 

ペンか?

ショーン・ペンのせいか?

最後まで、なぜペンが主役をやらなきゃいけないのか、よくわかんなかった。

確かに、一見ひょろっとしてて、実はマッチョ、というのは意外性のあるキャラかもしれないんだけど、う〜ん、なんか魅力的ではない。ミスマッチというかアンバランスというか・・・

 

あと、話もなんか、いまいちなんだよね。

アフリカとかスペインとか、ロケ地は魅力的だけど、必然性がいまいちない。

敵も、ところどころ間抜けで、プロっぽさが感じられず、ラスボスもしょぼいし。

こりゃあ109シネマズでは上映されず、新宿バルトどまりも頷けます。

 

たぶんこれはですね、大人の事情なんですよ。

ピエール・モレルがおそらく、クロックワークスと「何年間で何本映画を撮る」みたいな契約をしていて、そんなに乗り気じゃないけど、最低限の仕事はしなきゃ、ってことで、無難に一本撮った。

そんな感じ。

 

で、主役はそこそこ有名でギャラの安い人を探す必要があったので、真っ先にニコラス・ケイジに依頼したけど断られて、代わりにショーン・ペンに話を振ったんですよ(空想)。

 

あと、ハビエル・バルデムの無駄遣いやめようよ。

いい感じに登場するけど、意外に何もせず去っていきます。

本当はこいつが真の敵だったというストーリーだったけど、何らかの事情で変更せざるを得なくなったんじゃないか、と勘ぐりたくなるくらい、中途半端です。

 

まあ、観て後悔はありませんが、なんかもったない一本。