読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『ちはやふる 下の句』72点

chihayafuru-movie.com

 

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《合計評価72点》

 

基本的には『上の句』と同じ出来。

安定して2時間楽しめる。

2部作を通して見ても良い出来なので、『上の句』より2点加点した。

 

原作が継続中なのに映画化するのは、いろいろ難しい。

それにも関わらず、きちんと映画としても、一定の完結をさせている本作は、

原作が良いだけでなく、脚本・脚色のレベルもそこそこ高い。

小さくない点、たとえば新がかるたをやめた理由などが原作と映画とでは違う。

だが、それをもって「原作を侮辱された」という声はあまり聞かれない。

このあたりの「映画化」のうまさが、続編決定にもつながっているのだろう。

 

広瀬すずの配役、演技については、『上の句』で感想を述べた通り。

個人的には原作の「千早」とはイメージが異なるのだが、

それについては、もう、織り込み済みなので語るまい。

『下の句』も、相変わらずだったので、演技の幅の「狭さ」が目に付いた、ぐらいにしておこう。

原作を読んでいなければ、まあ、これはこれでアリだと思う。

クイーンの松岡菜優は、ブログ主はクイーンが出てくるところまで原作を読んでいないので、素直な目で見れるのだが、それでもちょっと、なんか・・・・

・・・・・おばさんくさい?

セーラー服やジャージがいまいち似合わなかったんだが、

原作でもそういう設定だろうか。

関西弁は、良かった。

松岡嬢が関西出身か否かは知らないが、言葉遣いは自然に聞こえた。

関西出身のブログ主が認める。

 

映画の最後は、千早とクイーン、太一と新が対決するところで、終わる。

まあ、この終わり方は、別に構わない。

でも、最後に千早のスローのアップで終えるのは、やめてほしかった。

そんなにみんな、広瀬すずが見たいのか?

ちはやふる』を見たいのであって、広瀬すずを見たいわけではないブログ主にとっては、こういう演出は、後味が悪い。

 

これがなければ、あと3点は上げていたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

『コードネームU.N.C.L.E』69点

wwws.warnerbros.co.jp

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》69点

 

卒なく作ってあり2時間楽しめる。

なのに、採点はちょっと辛め。

ちょっと不思議な作品。

 

物語は、比較的ありがちなスパイ映画。

米国とソ連のトップスパイ同士が手を組み、悪の組織に立ち向かう、という筋書き。

正直、それ自体はたいして新鮮味がない。

普段は対立するグループのエース同士が凸凹コンビを組むのは、いたって王道の物語。

 

米国の代表は、プレイボーイ。

ソ連の代表は、やや堅物。

このパターンも、う〜ん、ありきたり。

演技、役作りは、悪くないが、強烈な魅力も感じられない。

 

物語も、演技も、「悪くない」けれど「加点がない」。

 

映像は結構好き。

冷戦中の設定を上手く撮影している。

ガイ・リッチー監督らしさ、つまりスタイリッシュな演出も挟まれる。

おしゃれな画作りで、卒がない。

 

そう、この作品は「卒がない」という言葉がピッタリあう。

テクニックはすごいのに、魂がない、と言えばいいのだろうか。

監督やスタッフが「どうしても撮りたかった」映画とは思えないし、

続編を匂わす終わり方をしているが、

残念ながら続きはないと思われる。

 

悪い作品ではないが、見逃しても全く差しさわりがない。

 

 

 

 

『スパイ・レジェンド』74点

spylegend.jp

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》74点

 

ボンド俳優、ピアーズ・ブロスナンのスパイ映画。

現役スパイではなく、一度は一線を引いた敏腕スパイが

陰謀に巻き込まれるという筋書き。

まあ、タイトルのまんまの筋書きだ。

安直なタイトルなのであまり期待していなかったが、

思いの外、しっかり作ってある作品だった。

 

CIA、ロシアの殺し屋、両方から狙われることになる主人公。

特にCIAからは、元部下の腕利きの若者から狙われる。

ここに、師弟関係と、プロ同士のプライドが絡み合い、盛り上げる。

また、すべての鍵を握る謎の女=オルガ・キュレンコ。

『007 慰めの報酬』といい本作といい、

スパイ映画でミステリアスな役をやらせると、非常に映える。

 

アクションも本家007に負けない迫力がある。

ピアーズ・ブロスナンも、弟子役のルーク・ブレイシーも、

どちらもカッコ良い。

 

タイトルがいまいちパッとしないので、いかにもB級映画っぽいのだが、

結構力の入った逸品であった。

 

 

 

 

『ラッシュ/プライドと友情』77点

rush.gaga.ne.jp

【物語】★★★★☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》77点

 

特筆して「ここがすごい!」という点はないが、

全体的によくできた作品で、観ていて心地よい。

さすがロン・ハワード監督。

 

物語はF1で互いにしのぎを削る、

ジェームズ・ハントニキ・ラウダの物語。

ブログ主はF1の知識はほぼ皆無だが、

それが奏功してか、レース結果を知らないので、

最後までハラハラと二人の勝負の行く末を楽しむことができた。

おそらく結果を知っていても、

それはそれで「あの時、こんなことがあったのか」と楽しめるだろう。

 

F1好きにはおそらく既知の事実なのだろうが、

ハントとラウダの性格が正反対なのも面白い。

ハントは攻撃的かつ野生的なドライビングの天才で私生活も自由奔放。

ラウダは計算づくしのドライビングの秀才で、私生活は真面目で地味。

無名の頃からお互いを知っていて、そして互いに「いけすかないやつ」と

思い続けていたが、よく考えてみると、よきライバルであることに違いが気付く。

(言葉にはしないが)

このあたりの、勝負に生きる男の自尊心と、友情が、本作の見どころ。

 

レースのシーンは、実は本作の見どころではない。

迫力ある映像が映し出されるが、わりと短くまとめられている。

(非常に見応えがあることを付記しておく)

それは、本作がレースシーンを見せたい映画ではなく、

二人の男の生き様と交錯点を見せたかったからだろう。

そして、そのことに本作は成功している。

 

男性には特にお勧めできる映画だ。

 

『百円の恋』85点

100yen-koi.jp

【物語】★★★★☆

【演技】★★★★☆

【映像】★★★★☆

《総合評価》85点

 

すごい映画だ。

たいして宣伝もされてないので、知らない方も多いと思うが、

騙されたと思って、観てほしい。

こんなに豊穣な映画は、久しぶりである。

 

底辺で暮らす女子が、ボクシングで人生を切り開いていく、という物語。

と聞くと、クリント・イーストウッド監督の『ミリオンダラーベイビー』を

想起される方もいるかもしれないが、趣はかなり異なる。

まず、『ミリオンダラーベイビー』は基本的にはサクセスストーリーだが、

本作は、全然サクセスしないのだ。

底辺の世界で、漂い、もがき続ける。

そして殺伐とした世界観の中に、そこはかとなくユーモアがあり、人間味が溢れる。

「うわ〜、こんな世界、やだなあ」と思いつつ、惹きこまれる。

 

もう一つの違いは、役者の違いだ。

本作には、ヒラリー・スワンクのような美女も、イーストウッドのようないぶし銀も出てこない。

全員が全員、見た目も性根も冴えない、ダメ人間。

ブログ主も観ていて何度も「ひでえな、これ(笑)」とつぶやいたものだ。

もちろん、褒め言葉として。

ダメ人間、クズ人間の蠢きを、見事に活写しているのだ。

脚本、演出、演技の三拍子が揃っていないと、これは難しい。

すばらしい、底辺描写である。

 

それを支えているのは、演技力だ。

主演の安藤さくら、不勉強にしてブログ主は、本作まで知らなかった。

本作がはじまって最初の30分は、もう、主人公のダメさ加減に呆れ果てた。

こういう人、いるよ。

ほんと何の取り柄もない、ダメなやつ。

自分のことは棚に上げて、そう思った。

そう思わせるほどの、クズっぷりなのである。

本物(のクズ)を連れてきたのではないか、とさえ思った。

しかし、あとで調べたが安藤さくらは、本当は真逆のサラブレットだ。

父は奥田瑛二で、自らも学習院大学を出ている。

演技力で、底辺のダメ人間を、見事に演じきっているのだ。

後半では、プロボクサーと見紛うほどキレキレのシャドーも披露している。

感服するしかない。

 

脇役もすばらしい。

一人一人挙げてはキリがないのだが、準主役の男(恋人?役)から、

ちょい役の妹、バイトの店員に至るまで、本当にいい味を出してる。

この映画の撮影現場は、絶対に、いい雰囲気だったはずだ。

 

映像も凝っている。

間違いなく低予算映画なのだが、金はかけずに、知恵と工夫で

面白い画(え)を作っている。

時にスローモーションにしたり、時に長回しを使ったり、

あざとくない範囲で効果的に技術を披露している。

照明もにくい。

シーンによっては、あえて登場人物の顔を見えないくらいの暗さにするなどして、

セリフだけでなく、画(え)でメッセージを伝えてくる。

この一工夫、この一手間が、なかなかできないものなのだ。

 

昨今、「日本映画はダメだ」と言われることが多い。

たしかにハリウッドのSF超大作みたいなものは、日本は歯が立たないだろう。

中国、韓国にも、負けるかもしれない。

でも、それがどうした。

金をかけなければいい映画は撮れないのか?

有名俳優や人気タレントが出ないと映画は撮れないのか?

否である。

本作は、どう考えても低予算映画だ。

CGもないし、有名俳優も出ない。

なおかつ、美男美女も登場しない。

だが、抜群に面白いではないか。

ブログ主にとっては、『ジュラシックワールド』よりも面白かった。

 

素敵な脚本と、たしかな演技力と、製作陣の創意工夫があれば、

日本でも、低予算でも、面白い映画が撮れるのだ。

この映画は、そのことを照明している

 

 

PS

本作のエンドロールのクレジットに、いくつか撮影協力地が紹介されている。

でも、意図してかどうかわからないが、一箇所、名前が出てきていない地名がある。

主人公の住む木造アパートを含め、うらびれた、いかにも底辺の人が住んでいそうな、ガラの悪い地方都市が本作のメイン舞台だが、ここの地名が出てこない。

この映画の、半分くらいのシーンが、そこで撮影されているというのに。

その地名は、横浜市鶴見区の、沿岸部だ。

誰が選んだかは知らないが、このロケーションは、正解である。

鶴見区の沿岸部は、基本的にガラの悪い地区で、成人および学生の金髪率も高い。

だから、この映画ににじみ出ている「底辺感」は、鶴見区のおかげである。

地名を伏せたのは、ある意味配慮かもしれない。

もし鶴見区に住んでいる方がこれを読んで気分を害されたら、許してほしい。

かくいうブログ主も、そこの住民である。

映画に出てきたシーンの3割ほどは、もろに生活圏だ。

最初、「なんとなく見たことがあるような景色だな〜」と観ていたのだが、

途中、自宅の目の前が写って驚いた次第である。

 

繰り返しになるが、監督がこの地を選んだのは、

住民の一人として「正解ですよ」と言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『サバイバー』70点

survivor-movie.jp

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★☆☆☆

《合計評価》70点

 

タイトルが「やっつけ映画」っぽかったので、

あまり期待しないで鑑賞。

ハードルを下げていたせいか、わりと楽しめた。

 

物語は、基本的には『女・逃亡者』。

ミラ・ジョヴォビッチ扮する主人公は米国外務省のエリートで、

ロンドンに勤務中、テロ組織の陰謀に巻き込まれ、命を狙われる。

運良く危機を脱したが、仲間が巻き添えになって死に、

ミラは容疑者として疑われ、味方からも、テロ組織からも追われる身となる。

異国の地で、あまり頼れる者もいない状況下、孤独な逃走劇が始まる。

 

シンプルでよくある筋書きだが、裏を返せば鉄板のシナリオとも言える。

孤立無援の主人公の逃走劇は見ていてハラハラ。

100分程度の短めの作品だが、テンポ良くダラダラしない。

 

ミラ・ジョボビッチは、どうしてもバイオハザードの印象が抜けないが、

それなりに頑張って演技をしていた。

ミラを追いかけるテロ組織に雇われたヒットマンが、ピアーズ・ブロスナン。

もとジェームズ・ボンドが、今回はエージェントを狙う殺し屋だ。

悪くはないが、それほど印象に残る演技でもなかった。

ピアーズ・ブロスナンは『クーデター』の方がいい演技をしていた。

 

なお、本作の一番のビッグネームは、制作のアーウィン・ウィンクラーにちがいない。

どれくらいビッグネームかというと、『ロッキー』の製作者である。

過去にかなり多くの名作を手がけているレジェンドなのだが、

本作はなぜか「B級」感が拭えない。

最初はミラやピアーズが「B級」感を醸し出しているのかと思ったが、

ミラだって、リュックベッソンに鍛えられた女優である。

ピアーズも、元ジェームズ・ボンド

お互いに、今が絶頂期ではないとはいえ、B級俳優とはいいがたい。

 

最後の方まで観ていてなんとなく「なぜB級感を感じるのか」が、わかった。

映像が、安っぽい。

カメラマンか、照明の問題だろう。

全体的に、平面的でのっぺりとした画(え)なのだ。

ロケ地はロンドンなど、なかなかいいところで撮影しているので、

もっとうまく撮影すれば、どのシーンも絵葉書になるような、

かっこいいショットにできたかもしれない。

しかし、ラストのタイムズスクエアのシーンにしても、

画が、あまり魅力的ではない。

だから、印象にあまり残らないのだ。

 

ちょっと惜しいな、と思える作品である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『GONINサーガ』60点

gonin-saga.jp

【物語】★★☆☆☆

【演技】★★★★☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》60点

 

ブログ主が『GONIN』を劇場で観たのは大学生の時。

あれから19年(以上)も経ったのか、と感慨深い一作。

60点と辛めにつけたが、『GONIN』が好きだった人にはお勧めしたい。

逆に『GONIN』を観ていない人にとっては、もう少し点数が下がるだろう。

 

『GONIN』の物語は単純だった。

金に追い詰められた5人がヤクザの金の強奪を企て、成功するものの、

ヤクザに雇われたヒットマンに、一人づつ血祭りにあげられていく。

突き詰めればそれだけだが、豪華俳優陣と、石井監督の映像美によって、

日本映画らしい迫力と凄みを伴う活劇となった。

 

さてそれから19年後が舞台となる『GONINサーガ』であるが、

一転して話がややこしくなる。

 

『GONIN』で殺したり殺されたりした登場人物の子供たちが、

それぞれの思いを抱え、また、尊厳をかけて、ヤクザの金の強奪を企てる。

 

と、いま2行でサラッと書いてみたが、このストーリーラインが、正直弱い。

人物相関図もややこしく、また、ヤクザの金を強奪する動機も、やや微妙。

 

また、ヤクザとヒットマンも迫力に欠ける。

ヤクザの親分がテリー伊藤というのは、なぜなんだろう?

ヒットマン竹中直人も『GONIN』の2人組ヒットマンの不気味さに遠く及ばない。

 

映像は、見ごたえあり。

血なまぐさい場面も美しく見えるあたり、三池崇にも見習って欲しい。

カメラワークも凝っており、石井監督お約束の「雨」の演出も堪能できる。

(厳密に言うと「雨」ではなく「スプリンクラー」)

 

役者陣の演技もまずまず頑張っている。

土屋アンナは、最初どうかと思ったが、あれはあれでアリでしょう。

徐々に感情移入できてきたし、やはり、美しい。

井上晴美が、母親役で違和感がなかったのが、自分的には新鮮だった。

 

そして何と言っても、ラスト近くの東出昌大の「死ねやゴラア!」。

予告編でも流れているカットだが、あのカットの迫力はすごい。

鬼の形相で、腹の底からの咆哮。

このカットを取れる監督、この叫びができる役者に、賛辞を送りたい。

というわけで演技の星を1つ追加した。