ゼロ号試写室

映画やDVDの感想。たまに初音ミク&仕事の雑感他。

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は決定的に物足りない 61点

godzilla-anime.com

【物語】★★☆☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》61点

 

前回の第1作を鑑賞した時は観客5人でビビったこのシリーズ。

今回は初日ということもあって、夜の上映も8割席は埋まっていた。

結論から言うと、前作ほどではないけど楽しめた。

ただし、物足りない。

ブログ主は「満たされずに」劇場を後にした。

以後、バンバンネタバレなので、嫌な方は先は読まないように。

 

 

 

ここからネタバレする。

なぜ満たされないのか、映画を見終えた人なら「言わずもがな」だろう。

メカゴジラがいないのだ。

そんなバカな。

ポスターにも「人類最後の希望」とルビを振った「メカゴジラ」の名前があったし、

映画公開を期にこんなソフビも発売されている。

mantan-web.jp

 

当然、視聴者としてはゴジラ対メカゴジラの死闘を期待せずにはおれない。

まあ、最後はゴジラが勝つんだろうけど(笑)、メカゴジラのハイテク武器がゴジラを追い詰める描写は、この映画の1番の見所になる。

誰がそのことを疑うだろうか?

 

それが見事に期待を裏切られるのだ。

メカゴジラは本作には出てこない(おそらく次作にも)。

ざっくり言うと、話の展開はこうだ。

 

・地球にメカゴジラの残骸が残っていた。

メカゴジラの素材「ナノメタル」は自律的に増殖を続け、都市の規模になっていた。

・もう一度メカゴジラを作るより都市そのものをゴジラ撃滅の罠とする方が勝率が高いとの意見が採用される。

 

よって、メカゴジラは本作では登場しないのだ。

「そんなことを言いながら、最後はメカゴジラが登場するんでしょ」と思って見続けたが、残念ながら登場せずに終わった。ナノメタルの都市もゴジラに壊滅させられたので、次作で復活することも、まずないだろう。

 

確かに、新しい展開である。

予想を裏切られたストーリーだ。

でも俺が見たかったのは、メカゴジラゴジラの肉弾戦なんだ。

それに、斬新な展開の割には、致命的な欠陥がある。

話の展開が前作と同じパターンになってしまっているのだ。

前作、ハルオたちはホバーバイクみたいな乗り物でゴジラを罠まで誘導し、背びれを破壊して、そこに杭を打ち込んで、ゴジラを倒そうとした。

実は今作でも、ほぼ同じことが繰り返される。ナノメタルによって少し強化された飛行ロボットでゴジラを罠(メカゴジラシティ)まで誘導し、背びれを破壊して、そこに杭を打ち込むのだ。

この既視感は、思ってた以上に重複する。

前回は戦闘シーンを見て「すごい」と思ったが、あまりに展開が似通っているので、興奮の度合いは前回よりも大きくトーンダウンせざるを得ない。

ベタな展開でも、ゴジラメカゴジラが戦っていれば、興奮の度合いは高まったと思うのだが・・・

 

例えが適切かどうかわからないが、「美味しい海老天が食べられる」と聞けば、大きな海老を想像するだろう。それが、海老の姿が見えず、例えばミキサーでペースト状にされた海老天が出されれば、いかに美味しくても「物足りない」と思うだろう。

本作はそんな感じの物足りなさが、どうしても拭えない。

 

メカゴジラ、見たかった。

そんな欲求不満を抱えてしまった人はぜひ「レディプレイヤー1」を見よう(笑)

 

ちなみに本作の最後で、メトフィエスの故郷を滅ぼした怪獣の名が明かされる。

ゴジラフアンなら、もう、妥当すぎる名前なのでなんの驚きもない。

いっそ「メガロだ」とか言われた方が、よっぽど興味深いと言うもの。

 

その怪獣と、ゴジラと、壁画に書かれている蛾が、次作では暴れるのだろう。

んー、ラドン抜きの「地球最大の決戦」になるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

評判に違わぬ良作サスペンス『ゲット・アウト』80点

getout.jp

【物語】★★★★☆

【演技】★★★★☆

【映像】★★★☆☆

《総合評価》80点

 

予告編を見た時から面白そうと思っていた作品。

劇場で観る機会は逸したが、レンタルで即鑑賞。

噂に違わぬ面白い映画で大満足。

これ、好き(笑)

 

このブログを書くときに知ったが、アカデミー賞脚本賞を受賞したとのこと。

まあ、受賞していなくても、このストーリー、脚本の評価が下がるわけではない。

それくらい、いい。

まずシチュエーションが、新しく、刺激的、かつシンプル。

黒人の彼氏が、白人の彼女の実家(田舎)に行く。

そこで黒人に対する、妙な眼差し、言動に、自然に違和感を抱き・・・・

そこからはネタバレになるから言わないが、黄色人種のブログ主でさえハラハラしたのだから、米国の白人、黒人は、このシチュエーションにもっとハラハラすることだろう。

そこにサスペンスの要素が、うまく入ってくる。

この組み合わせは、ありそうでなかった。

ストーリーも最後まで納得できるものである。

強引にまとめたり、放り投げたり、変な精神世界に逃げていない。

心地よい物語を、最初から最後まで集中できる。

 

演技も控えめでいい。

自然な感じの、抑えめのトーン。

それが不気味さを醸し出し、かえって観るものの神経を逆なでする。

あと、オスカーの受賞こそ逃しているが、作品賞と主演男優賞にノミネートされている。作品賞はやや過大評価しすぎじゃないかと個人的には思うが、主演男優賞は納得。

つまり、アカデミー賞級のサスペンスなんですよ、この映画。

面白くないわけがない。

 

映像も良い。

なんというか、適切な場面で、適切な量、適切なクオリティで提供される感じ。

すごいVFX雄大な景色を堪能するわけではなく、映画の世界にきちんと没入させてくれる映像を享受できる。

 

実はこの映画をレンタルで見る半日前に、『インディペンデンスデイ・リサージェンス』を鑑賞した。もともと見るつもりはなく、子供が熱を出して学校をやすみ、暇だから見たいというので、付き添った。私は劇場で鑑賞済み。

みなさん、この映画見ました?

控えめに言って、ひどい映画だ。

豪華キャストでVFXバンバン使った超大作だが、私は2回見て2回とも、本当の駄作で時間の無駄だと思った。

このブログでも、評価し忘れてるくらい、どうでもいい作品。

なぜそんな酷いのかというと、ひとえに、脚本だと思う。

よくあんな脚本で180億円の製作費を投じようと思ったものだ。

それにひきかえ『ゲット・アウト』は5億円。

いかに映画では脚本が大事か、改めて思い知った1日だ。

 

こうした作品を評価し、アカデミー賞の俎上に上げるアメリカは、やはりこの先も映画の覇者となるだろう。この作品を評価したアメリカ、アカデミーも評価したい。

 

 

 

 

『レディ・プレイヤー1』は控えめに言って最高過ぎた

wwws.warnerbros.co.jp

【物語】★★★★☆

【演技】★★★★☆

【映像】★★★★★

《総合評価》95点

 

ブログ主は、家庭での視聴を含め、過去に3000本は映画を観たと思う。

その中には、2回、3回と劇場に足を運んだ作品もいくつかある。

だが「1800円では安すぎる」と思った映画は初めてだ。

それくらい満足感に満たされた。

 

ブログ主は45歳の男である。

ファミコンガンダムも全盛期の時に少年時代を送った。

もし「俺もその世代」と該当する方がいて、まだ本作を未鑑賞であれば、

絶対に劇場に足を運んだ方がいい。

いや、足を運ぶ義務さえある。

今回の映画、スピルバーグは「日本の皆さんのために作りました」と言っている。

これは決して嘘では無い。

日本人で、昭和40年代生まれの男のために、世界最高峰の監督が、その才能と、最新のVFXを駆使して撮影した大傑作。

パシフィック・リム アップライジング』の日本の描写は「ひどい」の一言に尽きるが、本作の日本愛(日本のコンテンツ愛)は、正真正銘本物である。

 

物語はVRの世界の中での宝探し。

非常にシンプルに進み、「これで2時間30分ももつのかな」などど心配したが、杞憂。

一切ダレることなく、150分間、濃密に楽しめた。

これは脚本がいいのもそうだが、世界観や演出の勝利でもある。

さすがスピルバーグ

 

演技も抑えた感じでいい。

これができるのもまたスピルバーグならでは。

ジェームズ・キャメロンやJJエイブラムスなど、

CGアクション映画専門の監督にはできない、格調高い演出が心地よい。

 

映像は最高だ。

映画のキャッチコピーにある「初体験」は、ありふれたフレーズであり、

VFXの映画などでは多く使われ、そのどれもが、言うほど大したことでは無い。

だがこの映画の「新感覚」感は半端ない。

CG映画を切り開いたジュラシックパークターミネーター2、

3D映画を切り開いたアバターのそれを超えると言っても過言では無い。

ブログ主が一番それを感じたのが、シャイニングのくだり。

キューブリックの名作の中に登場人物が入り込むのだが、マジで入るのだ、あそこに。

本当に、あの映画の世界に、観客さえ引き摺り込む。

こんなことが出来るのか、と、度肝を抜かれた。

 

総合評価では100点になっていないが、これは何かに不満があるわけでは無い。

自分の中でも、ほぼ満点に近い映画だと自信を持って言える。

ただ、ブログ主は少し偏屈なので、「どれが一番好きですか」と聞かれたら、

他の、個人的に猛烈に好きな映画を推すと思うし、それが100点だと思う。

本作はめちゃめちゃ好きだけど、これより劣る映画が個人的にツボったりするので、

100点にしてないだけだ。

 

と言うわけで、超絶素晴らしい映画であることは太鼓判を押す。

 

 

 

 

『パシフィック・リム:アップライジング』は前作比60%くらいの出来

pacificrim.jp

【物語】★★☆☆☆

【演技】★★☆☆☆

【映像】★★☆☆☆

《総合評価》48点

 

ブログ主は『パシフィック・リム』をこれまで4回見た。

2回は劇場で、2回はレンタルビデオで。

それくらい好きなのだ。

ギレルモ監督作品なら『パンズラビリンス』や『シェイプオブウオーター』の方が後々映画史に残る可能性は高いが、そんなことはどうでもいい。

パシフィック・リム』が好なのだ。

色々不満点もあったが、よくぞこのテーマを、このクオリテイで撮ってくれたと、いくら感謝してもし足らない大好きな映画。

その続編である。

 

わかってる。

続編であり、監督も代わった。

期待しすぎるのは酷である。

だから、それほど期待値を高めず、「まあ見ておこうか」くらいで鑑賞した。

結論から言うと、前作の70%くらいを期待していたが、それより少し下回る。

甘めに採点して、前作の60%くらいの出来。

 

ストーリーは、あってないようなもの。

怪獣が出る、巨大ロボとバトル、以上(笑)

これは前作も基本的に同じだった。

(実は怪獣以外の敵としてロボも出てくるが暴走したエヴァみたいなもの)

やや前作と異なるのは、少し、コメディ要素が多めになったこと。

特にスクラッパーという新イェーガー。

スターウオーズのBB8的な、マスコット的巨大ロボ。

ん〜。

前作は、比較的真剣味があるというか、悲壮感が少し漂ってたよね。

チェルノフ・アルファがやられるシーンなんて、怖かったし。

それに比べると、今回は、やや世界観や戦闘に緊張感が足りない。

そもそも巨大ロボと怪獣が戦う時点で緊張感もくそもないと言われればそれまでだが、

前作では、それでも、シリアスな空気感を少し残していた。

それが、かなり薄れて、悪い意味で漫画的な雰囲気が強くなったというか。

より万人ウケするにはそのほうがいいかもしれないが、俺的には残念。

 

演技は、主演のジョン・ボイエガは流石の演技。

今一番ノリに乗ってるだけあって、安定した演技。

他はな〜。

特に特筆するものはなかった。

 

映像は、前回から一ミリも進化していないと思う。

技術的な進歩はなく、むしろ工夫は減ったのではないか。

あまり巨大感が感じられない。

まあ、続編だから、最初のインパクトよりは感動が少ないことは織り込み済みだが、

それでも、巨大感が少ない。

 

おそらく、カメラワークや演出上の工夫も足りないのだろうが、

もう一つ大事な点がある。

おそらく、前作よりヌルヌルと巨大ロボが動くのだ。

前作の、巨大ロボのぎごちなさは、もどかしくも魅力的だった。

「こんなデカイものが動くなら、かくあるべし」という、重厚感のある動きだった。

それに比べると今回のイェーガーは、かなりスムーズに動く。

こうなると、巨大メカ感が、少なくともブログ主からみれば、失われるのだ。

特に、先に述べたスクラッパー。

詳細は述べないが、このメカの動きは、パシフィック・リムというより、トランスフォーマーである。

トランスフォーマーは、ブログ主はそんなに好きではないのだ(笑)

 

前作よりパワーアップして、より派手なアクションになって入るのに、

なんだかトランスフォーマーパワーレンジャーを見せられている感じ。

 

この路線が続くなら、第3弾があっても、見ないかもしれない。

 

 

 

 

 

『スター・ウオーズ/最後のジェダイ』45点/この映画に幻滅する理由ベスト3

starwars.disney.co.jp

【物語】★☆☆☆☆

【演技】★★☆☆☆

【映像】★★★★☆

〔総合評価〕45点

 

あと1週間で上映終了というタイミングで鑑賞。

映画館で観てよかった。

家でビデオで観たら、もっとつまらなかったかもしれない。

 

以前から「賛否両論」と耳にはしていた。

いや、「否」の声の方が大きかった。

なのでそれほどダメージは受けていない。

答え合わせをしに行ったようなもの。

 

では、この映画のどこがダメなのか、自分なりにその理由を上位3つ整理してみる。

 

3位 キャストがしょっぱい。

前作同様、確かにレジェンド級の役者を揃えて一見豪華絢爛である。

だが、よく考えてみるとそのレジェンドも、まともに稼働していた唯一のレジェンドであるハリソン・フォードが出なくなると、正直言って威力は半減である。

マーク・ハミルは、悪くない。

前作が「ハン・ソロ」の映画だとしたら、今作は「ルーク・スカイウオーカー」の映画、という位置づけも、設計されたものだろう。

だが、所詮はおじいさんだ。

ソロもルークもレイアも、豪華な味付けになり得ても、正直限界はある。

この映画が最初からオールドフアン、しかも定年後の世代を意識して作ったのなら老人映画も悪くないが、そうではないだろう。

なのでレジェンド級の三人は、頑張ってはいるが、話題性以外は正直微妙。

(今回はソロは出てない)

一方、本来であればこれらロートルを駆逐するくらい頑張ってほしい若手(現役)組が、いまいちパッとしない。

前作からもともとパッとしないキャスティングなのだが、今回、謎のアジア女性が出てくることで、なおさらパッとしなくなった。

まともに見れたのはフィン(ジョン・ボイエガ)くらい。

カイロ・レン(アダム・ドライバー)は、役所のせいか、微妙。

あとはひどい、というより、華がない。

特に心配になったのは主役たるべきレイ(デイジー・リドリー)。

前回はまだ少女の面影があって華があったが今回は普通のオバ、いや、女性だった。

3作目ではもっと歳を取ってしまうから、さらに微妙になると思う。

 

2位 トンデモシーンが多い。

これはいろんなところで言い尽くされているので重複を避けるためにサラッと述べる。

宇宙空間なのに爆弾が下に落ちてくる、という名ツッコミ所があるが、

そこは「いや、たまたま下に落ちてるように見えるだけ」と言い訳できるだろう。

ここは許容する。

でもレイアが生身で宇宙空間に放出されて、念力で生還したのは見逃せない。

普通に怪我しただけでいいのに、なぜあんな意味不明のシークエンスを入れた?

感動も、伏線も、意味もない。

あと、ルークが突如反乱軍の前に現れるが、実はホログラム(念力)だったこと。

これも「ルークはどこから来た?」なんて言って、そのルートを使って反乱軍は脱出するんだけど、ホログラムだから関係ないじゃん(笑)

脚本的に破綻してるんだよね。

こうしたツッコミどころのシーンが多い。

 

1位 話が浅い

まあ、全てはこれに尽きるのかな。

スターウオーズは、もちろんヒーローの活躍も楽しめるが、

そのヒーローが活躍する舞台、つまり世界観や、勢力争いにリアリティや重層感があったからこそ、楽しめた。

が、前作と同じで、イマイチこの世界観がわからない。

ガジェットは同じなんだけど、今世界で何が問題で、何と戦っているのか、

非常に表層的で、子供騙し。

仮面ライダーレベルだ。(※ブログ主はライダーフアンである。適材適所でない、という意味)

アクションシーンだけ見たいんだろみたいな姿勢が製作陣にあるのかな。

最初の3部作でもうまく世界観を出していたし、

次の3部作は、ややその世界観を出しすぎた感もあるが、私は好きだった。

ローグワンも、うまく作られていた。

だが、今回の新3部作は、何やら薄っぺらい。

哲学がない。

だからイマイチ、盛り上がるものがないのだ。

 

まあ、正直これらのことは、前作から薄々気づいていた。

ただし前作では、ハン・ソロがいたり、「スターウオーズがつまらないはずはない」という先入観もあって、そんなに悪い評価がつかなかったのだろう。

しかし今作で、かなり馬脚をあらわした。

次作(最終作)は、相当シビアな目で見られるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

『ゴジラ 怪獣惑星』は予想外に良かった 77点

godzilla-anime.com

 

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★★☆

〔総合評価 77点〕

 

時は本日午後6時40分。

チネチッタ川崎のスクリーン8(五百人収容)で見たのだが、

3分前に劇場に入った時、一瞬、無人だったので清掃中かと思った。

よく見ると三人座っていて、最終的に私を含めて五人での鑑賞。

昨年、子供と『ガンバの冒険』(傑作!)を見た時は四人だったが、

あれはテアトル蒲田というかなり古い映画館。

チネチッタの綺麗でデカイ劇場で五人は、結構贅沢な体験だ(笑)

 

さてさて。

ブログ主は基本的にゴジラ好き。

今夏に、何かの映画を見た時に予告編で本作のことを知った。

ちょっと興味はあったが、本当に「ちょっと」だった。

別に見過ごしてもいいか、と。

 

で、今日仕事が早く終わり、何か見ようかと検索したところ、

本作に目が止まった。

あまり期待はしていないけど、ゴジラにお金を落とすのも宿命だと自分を納得させ、

軽い気持ちで見た。

それが良かったのか、非常に楽しめた。

 

物語は、ゴジラ映画というか、SF映画

ゴジラの出現で、一度地球を放棄した人型種族が再び地球への植民を試みる。

地球上にはやはりゴジラがいて戦いとなる。

人類以外の種族と共闘したり、少し最初戸惑うが、

基本的にはシンプルに「ゴジラをやっつける」話が続く。

物語自体は取り立ててよくも悪くもないのだが、非常にテンポよく話が進む。

上映時間は90分ほどで、最初は『ガンダム THE OLIGIN』みたいに中途半端なのではないかと危惧したが、密度が濃く、90分内で「これでもか」という迫力の展開を見せてくれる。

この辺り、見る人が見れば「ただのどんぱちじゃないか」というかもしれない。

贔屓目かもしれないが、私は単純に楽しめた。

 

演技は、まあアニメ(CG)だからなんとも言えないが、

下手に俳優や芸人を使わずしっかり声優を使ってくれていたので違和感なく楽しめる。

セル画ではなくCGであるため、ややアクションの自由度が低い気がするが、

それほど気にならない。

っていうか、もともとゴジラってあまり稼働しないから丁度いいのかも。

 

映像は白眉の出来。

CGはもっとチンケで安っぽくなるかと思ってたが反省。

めちゃめちゃかっこよかった。

特に宇宙船や兵器、通信手段などのテクノロジーの描写が気に入った。

脚本がしっかりしていることもあるのか、近未来感が出ていてクール。

実写でもない、アニメでもない、CGアニメがここまで迫力あるのか。

ゴジラのCGは、ん、こんなものなのかな・・・

 

記憶にある限り、ゴジラのアニメは初の試みだ。

そして本作はアニメでよかった。

これを実写でやっていたら失敗していただろう。

まずこのスケール感が出せないし、貧乏たらしいものになるだろう。

そして、同時期に上映中の『鋼の錬金術士』のように日本人だけのキャストに。

 

最後のテロップを見ても、基本的には純日本産のアニメのようだ。

世界的に有名な日本初のコンテンツを、日本アニメの技術で作った本作は、

もっと多くの人に鑑賞されてしかるべきだと思う。

 

このシリーズは3部作らしい。

次回のフリにも、ブログ主は相当アガっている。

来年5月の公開が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ミックス。』69点

mix-movie.jp

【物語】★★★☆☆

【演技】★★★☆☆

【映像】★★★☆☆

 

見て損はないけれど、見なくても全く問題ない。

一言で言い表すと、そんな映画。

ただし新垣結衣フアンなら必見の映画かもしれない。

(残念ながらブログ主は該当しない)

 

かつて母親にスパルタで卓球をやらされていて、15年も遠ざかっていた主人公。

それが、失恋とか、色々あって卓球を再開し、全日本選手権で決勝まで行く。

メインストーリーは、斬新さはないものの、それほど無理なく共感できる筋書き。

細かいところではツッコミどころは多い。

その最たるものは、「いかに元天才少女とて、15年もブランクがあり、元ボクサーで目をやられている素人を1年鍛えたからと言って、現役日本最強ペアに善戦できるのか」と言うこと。ただ、ここは「映画だから」と片付けるのが大人というものか。

また、その元ボクサーが工事現場の仕事で非力なことから「もやし」と呼ばれるのだが、仮にもランカーだったボクサーが非力という設定はどうなんだろうか。

そうした細かいツッコミはあるが、話自体は、まあ、面白い。

 

演技的には、さして特筆すべきものはなし。

特段うまいとも思わないし、下手だとか、やりすぎとかもない。

良くも悪くも普通。

広末涼子の役どころはちょっと面白かったが、演技力があるというほどではない。

これはしょうがないかもしれないが、

新垣結衣は卓球がうまそうに見えなかった。

 

映像も、演技と同じく、可もなく不可もなく。

卓球のシーンで言えば、『ピンポン」の水準を求めてはいけないかもしれないが、

もう少し凝った映像にトライして欲しいところ。

普通にカメラに収めた感が、味気ない。

 

どこかに大きな減点があるわけではないのは、監督と脚本の力量かもしれない。

アイドル(ガッキー)映画と割り切れば、映像やストーリーは添え物なので、

これくらいの出来でいいのかもしれないが、

一映画として考えた場合、やはり物足りなさは否めない。

 

一家団欒で無難に楽しく見れる映画であることは間違いないので、

及第点は与えておく。